スウェーデンのヨーテボリ(Goteborgと書いてヨーテボリと発音する)で学会があった。7月だというのに13度!?事前に天気予報を見て防寒対策と心の準備をしっかりして行った。

2a3b1e4f.jpg

天気予報はあたっていた。毎日雨が降るし。でもね、要するに夏だと思わなければいいわけですよ。ブーツはいて、セーター着て、レインコート着て。11度だって大丈夫!ホテルの部屋が寒くて足が冷たくて寝られるかなーと思った日はホテルについてるサウナに行ってぽかぽかにあったまって寝る!

北欧は物価が高い。ヘルシンキで経験していたので、スウェーデンでも覚悟はしてたけど。

安くておいしいレストランもあるんじゃないかと思ってツーリスト・インフォメーションの若いお兄ちゃんに聞いてみた。

え:「学生なんかはどこで食べるの」
兄:「うちで」

そりゃそうだわね。でも安いビュッフェスタイルのパブを教えてくれた。

行ってみると日本人の女性とスウェーデン人のカップルが一組だけ食べていて、私が日本人とわかると一緒に座るように薦めてくれた。すごくいい人たちで、スウェーデンについていろいろ教えてもらった。

ヨーテボリの街自体は見所はそれほどないが、隣の町のBorasという街に織物博物館があるとの情報を仕入れたので、バスで1時間ほどかけて行ってきた。織物というとなぜか血が騒ぐのはなぜ。

小さな博物館で、昔の織物工場にあった機械などがおいてあって、時間になるとお兄さんが実際に機械を動かして説明してくれる。はじめは私一人だけしかいなかったが、そのうちスウェーデン人のおばさん3人が加わった。

124dad39.jpg

これはジャカード織りの機械。後ろにパンチングカードがついているのがわかりますか?これがパターンを決めて、模様になる。穴があるかないか、0か1か、これがコンピュータのはじまり。

f6598849.jpg

これは300年前の靴下編み機!産業スパイがオランダからこっそり盗み出して、コピーしたんだそう。すばらしい。

水曜日は午後、学会の人と何人かで小さな島の要塞を訪ねる。ヨーテボリは港湾の町なので岸に沿って貨物船に荷物を積み込むドックがたくさんあるところとか、シンガポールと似ている。

001792b6.jpg


18世紀に建てられた要塞。デンマークの攻撃なんかを受けたらしい。その後は牢獄として使用されてたそう。特に見るべきものもなくみんなでお茶して時間をつぶす。雨が降って寒いことこのうえなし!

最終日は学会で会った人と何人かでレストランで一緒に食事をした。

4c35c0f0.jpg

ムール貝。白ワインとクリームのすごくリッチなスープがおいしい。マスのソテーと小さなじゃがいもを揚げたもの。アイオリソースがついてる。

スウェーデンで食べたものはどれも高いけど、プレゼンも素敵で、味もよく、おいしかった。じゃがいもが主食なのか、学会の昼食にはじゃがいも料理が2?3種類必ずあった。

スウェーデンでは本場のミートボールを食べたかったけど(ほら、IKEAにあるじゃないですか)、見つからなかった。