翌日園芸場でおかゆの朝ごはんを作ってもらう。
欲しかったアボカドの苗は、明日ここの人がちょうどチェンマイの病院に用があるので持ってきてくれるとのこと。

チェンマイへ向けて出発~。

途中少数民族の人がやっている市場があったのでのぞいてみる。

2011 may 19 182

2時ごろチェンマイに着く。とりあえずお昼ごはん!

2011 may 19 188

チェンマイ名物カオソーイ。ここのはちょとスープが甘かった。でもライムを絞ったり、チリを入れたり、漬物やシャロットを好きなだけ入れて味を調節。

チェンマイ市内から40分くらい走ったところにある、ここがPの農地だ!
2011 may 19 206

遠くにはお寺の屋根、山脈が見えて絶景。そのうち家も建てる予定。チェンマイ市内に別の家も改築予定。すごいよね、まったく。

以前植えたマンゴーの木は70%シロアリにやられてしまった。そんなことに全然めげないP。

さっそく農作業に入る。まずは等間隔にしるしをつけて、Ubon Ratchathaniから持ってきたアボカド50本を植える。7時くらいまでかかった~。雨が降ってきても作業は終わるまで続ける。雨のせいで日差しは強くなかったけど、虫除けが流れちゃってめちゃめちゃ蚊にさされた!これも修行である!!

今日はどこに泊まるんですか?

農地から近いエコファーム。ホビットの家みたいなところとは聞いてたけど・・・

2011 may 19 217

泥でつくったかわいいおうち。でもここも水シャワーだ・・・

2011 may 19 219

部屋は3部屋空いてるんだけど、ひとつは鍵がなくて入れないんだって。しかたないからBちゃんも一緒にシェアする。一人5ドルくらい。またもやベッドは硬い!バスルームも羽蟻の死骸がいっぱい。ハハハ、慣れてきたけどね・・・

水シャワーをFワードを連発しながら浴びるDonちゃん。私は絶対無理なので、バケツ一杯でいいからお湯が欲しいと言ったら、Pが大きなお鍋にお湯をわかしてくれた。これを水と混ぜて髪も洗った。残りのお湯はやっぱり水シャワーは無理なBちゃんに分けてあげた。人間いざというときはバケツ一杯のお湯があれば髪も洗える。

晩御飯は料理する人がいないから、台所の食材を適当に使って勝手に料理してーとのこと。すごいアバウトなところだ。私とBちゃんがお湯を浴びている間にPとDonちゃんが近くのお店に食材を買いに行った。

2011 may 19 236

できあいのおかずとインスタントラーメンがこの日の晩御飯。

このチェンマイの田舎では、Pの農地から近いところで外国人のヒッピーが集団で農園暮らしを始めてるらしい。でも裸で踊ってたりするもんだから、現地の人からは変な目で見られている。でもタイ語だけでなくチェンマイ方言も自由に操り現地の人とまったく普通にコミュニケーションし、一人で何でもやってしまうPは、そんなヒッピーたちから何やら畏怖の念を持って見られてるんだとか(やたら丁寧な言葉で対応するんだって!)