サンフランシスコから東京へ帰るとき、空港でぶらぶらと時間をつぶしていると名前を呼び出された。

カウンターに行ってみると・・・

「本日は満席のため、お客様をビジネスクラスにアップデートさせていただきます。」

うわああああああああああああああお!まじっすかああああああ!?!?!うっひょおおおおおおおおおおお!!!!!!

思わずこう叫んで、飛び上がって喜び踊りだしそうになったが、ここはクールな客を装い、「ああ、そうなんですか。わかりました。」とだけ答えてカウンターを去る。

血がエコノミークラスの私とDonちゃんは、もう興奮状態で、優先的に機内に入れるだけでも小学生のようにうれしい。こういうときには"エコノミークラスから偶然(お金払ってないのに)ビジネスクラスに意味なくアップデートされた、まったくのおのぼりさん的100%エコノミークラスの客"に見えないように、キャビン内でもビジネスクラスに慣れた客のように平静を装わなくてはいけない。

だから何でもかんでも写真を撮りたがるDonちゃんをたしなめ、隣の席の"本物のビジネスクラスのお客様"のようにくつろぐことにした。

いまどきの"本物のビジネスクラスのお客様"は既にi-padなどをお持ちで、ワインを飲みながら読書をなさっておられる。そして免税品販売ではお土産に高級ブランドのスカーフなどを3枚くらいまとめてお買い上げだ。こういうところで格差社会を目のあたりにしながら、場違いな居心地の悪さと、170度くらい倒れるシートの居心地の良さのハザマで、貧乏人は苦悩するのであった。

2010 summer 278

お食事はもう、それはおいしゅうございました。これは鴨。

2010 summer 279

Donちゃんの和牛ステーキ。お肉ばっかりですね・・・お魚を中心とした和のセットが足りないとかで、ちょっと残念でしたが、もちろんたいへんおいしかったです。

2010 summer 280

ほかほかご飯にちりめんじゃことしば漬け。ビジネスクラスではいろいろ好きなものを組み合わせられるので、こんな和洋折衷になっちゃいましたね。慣れない客はこれだから・・・

はああああ、しみじみビジネスクラスっていいと思いましたよ。いい思いさせてもらったよ。ありがとよ!ANA!あばよ!


(これは自動更新に設定しておいた記事で、実は24日からベトナムに行ってます。)