ガムランのグループの演奏会が土曜日にありました。
ここのところリハーサル続きでへとへとだったので、終わってほっとしました。

8465c798.jpg


51bf3939.jpg


踊りもたくさんあって、楽しかった?!

最後のダンスにはリーダーが音楽をアレンジし、ダンサーの奥さんが振り付けで、minitragicomedyという?な一幕物でした。最初は幸せなカップルIとSの踊り。しかしIは仕事へ。Sがお化粧なんかをしているところにSWが現れ、誘惑しようとします。Sの心は一瞬ゆらぐものの、われに返って逃げてしまいます。落ち込むSW。そこにSWの先生Mが現れ、彼に恋は勉学の妨げになるばかり。CAPを上げて、いい仕事に着くのが、このエコノミック・クライシスにおいてもっとも大事なこと、と諭し、SWはまた試験勉強に励み、心の平安を取り戻します(この国の大学生の価値観を皮肉っていて超おかしい!)。

c06999f2.jpg






最後は事態を知ったIがSWを殺してやるーと、あわや乱闘という場面から、いきなりみんなで踊ればハッピーエンドという超いいかげんな終わり方で、そういうふざけたストーリーラインがパワーポイントで始終表示され、会場は笑いに包まれました。このダンスには『SWの恋:love, lust, and productivity』というふざけたタイトルがつけられていて最高でした。