テンペは、テンペ菌で発酵させた大豆食品。欧米でもベジタリアンのたんぱく源として売られています。詳しくはこちらをどうぞ。インドネシアではよく使われる食材です。

57d170c3.jpg

市場でテンペを説明する先生


Manisとは甘いという意味。これはテンペの甘辛炒めといった料理です。

<作り方>

1)テンペ一塊(500gくらい?)を5mmくらいのスティック状に切ります。これを油でかりっとするまでけっこう長い間揚げます。
(オーストラリア人の太ったおばちゃんが、油たくさん使ったら身体に悪いんじゃないのと聞いていましたが、先生は肩をすくめただけ。このおばちゃん、絶対揚げ物なんてしないんだろうな。。)

dd0a3f50.jpg


2)フライパンに残した油で薄切りのにんにく3片を炒め、色づいたら大きくて辛くない赤唐辛子の薄切り2本分も加えます。

3)パームシュガー(なければブラウンシュガーや三温糖大さじ2を加え、溶けたら油から揚げたテンペ、オプションで油で揚げたピーナッツ、煮干を加え、斜め薄切りにしたねぎ、塩、胡椒を加え、よーく炒めてできあがりです。


49c9dcce.jpg


これね、とってもおいしかったです。しっかり歯ごたえがあって、甘辛がおいしい。