これが3日間ヤケ食いしていた鶏の唐揚げ葱ソース

74f7cf75.jpg


おいしいのよ。



抜歯はいたって簡単だったのだが、担当の先生の話が長い長い。一度は三叉神経痛かもしれないと、薬まで出して、1週間も歯痛をひきのばすことになった言い訳をしなければならなかったのだろう。まあゆるしてやろう。

そして次は抜歯した後の穴に入れる小さな物体(5mm程度)についての説明。なんでもそのうちに解けてしまうのだが、解けるまでにそこに血液とかが流れ込んで足場となり、穴がふさがるときに歯茎や骨が低くなるのを防げるんだとか。アメリカではもう許可が降りてるとか、シンガポールでの使用を申請中だとか、今ならタダだとか、どうでもいい話をいろいろ聞かされ、まあ入れてもいいよ、と言ったのがまずかった。見学の学生がぞろぞろ来て、おまけに口の中の写真までいろいろ撮られた。研究のためなんだろう。自分の研究のためにいろんな人に協力してもらってる分際としては、イヤだとも言えず・・・

抜歯自体は麻酔が効いてからあっという間に終わったのに、実際に部屋に入ってから2時間近く経過!看護婦さんがご丁寧に抜いた歯をガーゼで包んでお土産に持たせてくれた。怖くて見れず。
急いで抗生物質を買いに処方箋をもって薬局へ行き、うちへ帰った。つきそってくれたDonちゃんは飛行機を半日遅いものに変更してくれたのだが、家に帰ってからは大忙しでしたくをして、空港へ向かった。

今回DonちゃんがLAに行ったのは、LA BIZZAROパート2出版のため、著者の一人Mattの取材につき合わされているからだ。ロサンゼルス近郊の怪しげなところを取材し、コメントするのだ。ロサンゼルスには近年ますます変な人が集まってきているので、パート2を出すことにしたらしい。


私と言えばすっかりやさぐれてしまったので、DVDを見たり、昼寝をしたりして4日間の連休を一人で思いっきり怠惰にすごすつもりだ。

487e5b83.jpg


昨日からこればっかりのコーンスープ。クリームコーン(缶)、牛乳、コンソメを温めて、塩コショウして終わり。でもおいしい。

昨日はなんとなくずきずきしていた痛みも今日はなくなったものの、精神的ダメージが大きく、流動食を開発しようという気も起こらない。明日あたりは普通に食べられるとは思うんだけど。