次は未熟なパパイヤのサラダ、ソムタムです。

これはNusiのところで習っていましたが、やっぱり材料など少し違うところがあります。

ここでは細く切った青いパパイヤ、人参、にんにく(好きなだけ)、青唐辛子(好きなだけ)、くし切りにしたトマト、スネークビーンズ、に加え、ワックスアップル(ミズレンブ)、梨も入れました。味付けはフィッシュソース、ライム、パームシュガー。

作り方
1)にんにく、青唐辛子、スネークビーンズをすり鉢に入れて、やさしくたたく。
2)パームシュガー、ライム、フィッシュソースを入れ、混ぜる。パパイヤ、トマトを入れ、混ぜながら、軽くたたく。このとき左手でスプーン、右手ですりこ木を持って、交互に動かしながら味をなじませる。
4)お皿に盛りつけ、みじん切りのピーナッツをかざる。

果物がたくさん入ったさっぱりしたソムタムでした。う?ん、ソムタム最高!と思って食べていると、向かいの韓国人の女の子が、「唐辛子何本入れた?」と聞いてきました。私は青唐辛子を5本入れた、と言うと、自分は3本しか入れなかったのに辛くて食べられないと言います。韓国人がこの程度の辛さのものを食べられないわけがないだろう、と思って、彼女のソムタムを味見したら劇辛でした。なんかものすごい爆弾のような青唐辛子があたっちゃったみたい。

???
次は春巻きです。
下の写真は材料です。この料理教室は時間と材料費を短縮するためか、はじめからまとめて材料が切ってあるんですよね。私が料理教室荒と呼ばれる意地悪な生徒だったらこんなんじゃだめだと言いますね。すべて自分の手で作らなくちゃ。まあ刻むのが苦手な欧米人も多いから、しかたないんでしょう。

この写真はベジタリアン用の材料で、厚揚げの千切りが入ってます。ベジタリアン以外の人は豚の挽肉でした。これにさらに水でもどした春雨が入ります。

9a4b205f.jpg

作り方
1)中華鍋に油を熱し、みじんぎりのにんにくを炒める
2)挽肉を加え、炒める
3)フィッシュソース大さじ2、オイスターソース大さじ2、砂糖小さじ1/2を入れる
4)春雨、もやし、青葱、その他好きな野菜(にんじん、きくらげなど)を入れて炒める。
5)皮でつつんで揚げる。

ここではスーパーで売っているようなパッケージで売っている皮を使いましたが、マーケットで売っている手作りの丸い皮の方がおいしいです。ざらざらしている方が内側になるように具をのせます。

でもタイの春巻きの皮は厚くて、どうもぱりっとしない。ベトナムの春巻きは米粉から作るのか、薄くてももちっとして、しかも揚げるとパリパリ。春巻きはベトナムの方がおいしいと思います。

f53ab083.jpg