次はおなじみトムヤムクン。エビが入った酸っぱ辛いスープです。コランタの料理教室のトムヤムクンバンコクの料理教室のトムヤムクンにつづいてもう3度目です。世界3大スープの一つなので、タイ料理教室ではかかせないんでしょう。しかしみんな作り方が微妙に違います。

これは約2人分の材料です。

413be567.jpg

レモングラス、ガランガルスライス、ライム、トマト、その下の葉っぱは香菜の一種、おなじみの香菜、玉ねぎ、青葱、オイスターマッシュルーム(フクロダケでも)、有頭エビです。エビの頭はダシをとるのに最初に入れるので別にしておきます。これに好みで好きなだけプリッキーヌ(小さい唐辛子)を刻んで入れます。大きい唐辛子は辛くありません。あと赤か青かは辛さに関係ありません。大きい赤い唐辛子はよく彩りに使いますね。

作り方

1)お湯を沸かし、沸騰したらレモングラス、ガランガル、エビの頭、刻んだ(もしくはつぶした)唐辛子、玉ねぎを入れ、チリペースト(ナンプリックパオ)を大さじ1/2くらい入れる。

2)トマト、エビ、キノコ類を入れる。

3)材料に火が通ったらフィッシュソース大さじ2、砂糖小さじ1/2、塩ひとつまみを入れる。最後に青葱、香菜、こぶみかんの葉を入れ、ライムジュースを絞ってできあがり。

ガランガ、レモングラス、こぶみかんの葉は市場でセットで売っています。これらはスープにかかせませんが、食べません。

コツはチリペーストを怖がらずに入れること。このチリペーストは色とコクを出すので大事です。見た目ほど辛くありません。辛さは生の唐辛子で調節します。辛いのが苦手なら、刻まないでつぶして、あるいはそのまま入れ、食べるときに取り出します。タイの人は必ずごはんと一緒に食べます。外国人はスープだけを飲むから辛い!と思うんです。ライムジュースや香菜を入れた後はすぐに火を止めること。これも何度も作っていくうちに自分の好きな味がわかってきます。

822dbbc6.jpg

食べる直前に温めなおしたので香菜が色あせてますが


う?ん、辛くておいしい!私はプリッキーヌを5本くらい入れて、ライムも追加してもらって足しました。酸っぱくて辛い、これぞトムヤムクン(でも辛さはタイ人のスタンダードには遠く及ばず)!そしてハーブがなんとも爽やか。