次に先生がメインになるようなものを3品デモで料理し、みんな味見をして、そのうち気に入ったもの2品を各自が選んで実習しました。

最初に作ったのは豚のキャセロール。レモングラス、ガランガ、唐辛子入りのさっぱりした炒め煮です。

なぜキャセロールという訳なのかよくわかりませんが、できあがりは写真のような料理です。

e8c864ed.jpg


Oh Paedak (豚肉のキャセロール)

<材料>

シャロット 3つ 2つまたは4つに切る
にんにく 6片 2つに切る
赤唐辛子 2本
レモングラス 2本 白い部分だけ、1cm幅に刻む
ガランガ 薄切り4枚
卵 2個 
豚ひき肉 60g
油 大さじ3
シュリンプペースト(Paedaek) 大さじ11/2(なければフィッシュソース)
水 1カップ
バジル 3本
青葱 2本 3cmの長さに切る

<作り方>

1)中華鍋に油を熱し、シャロット、唐辛子、にんにく、レモングラス、ガランガを入れて、いい香りがでるまで炒めます。

2)豚ひき肉、シュリンプペースト、水を入れ、炒めます。

3)卵を割り入れます。すぐに混ぜないで、黄身をそっとこわして火をとおします。白身と黄身がはっきり分かれて煮あがるような感じ。

4)バジル、青葱を入れ、火がとおったら出来上がり。

これもすっごくおいしいです。簡単なさっと煮の家庭料理です。