ラーブは鶏や豚のひき肉のスパイシーなサラダです。作り方もいろいろで、魚や豆腐で作ることもあります。タイ料理でおなじみですが、昔からあるラオス料理です。

今回は鶏のラーブでした。タイの料理教室でも習いましたが、今回はバナナの花が入るところが違いました。

チキン・ラーブ

<材料>

鶏ひき肉 200g
バナナの花(注1) 細く切ったもの大さじ2 水にさらしておく。なければもちろん省略可。
こぶみかんの葉(kaffir lime leaves) 超細切り
青ねぎ 1本 小さく切る
シャロット 2個(なければ紫たまねぎ1/4)細切り
にんにく 2片みじん切り
香菜 1束 葉っぱのみみじん切り
レモングラス 2本 白い部分のみ細い輪切り
ロケットリーフ ぎざぎざの葉っぱ ルーコラで代用
塩 小さじ1/4
ライスパウダー 小さじ1(なければもち米を色づくまで乾煎りしてフードプロセッサーでパウダー状にします)
チリパウダー 小さじ1
フィッシュソース(ナンプラー) 小さじ1/4
みじん切りにんにくの揚げたもの 大さじ1
みじん切り青ねぎの揚げたもの 大さじ1
ライムの絞り汁 1個分
チキンブイヨン少量を大さじ2のお湯で溶いたもの

<作り方>

1)ひき肉、チキンブイヨンを溶いたものを中華鍋に入れ、水分がなくなって鶏肉に火がとおるまで炒めます。ボールにバナナの花と一緒にいれてよくまぜておきます。

2)こぶみかんの葉、青ねぎ、シャロット、にんにく、香菜、レモングラス、ロケットリーフを混ぜ、塩、ライスパウダー、チリパウダー、フィッシュソース、にんにくとねぎの揚げたものを加えて混ぜます。

3)ライムジュースを加え、レタスを敷いた皿に盛り付けてできあがり。

30d2fd11.jpg

もち米と一緒に食べます。すっぱ辛くてとまらない。


注1)下の写真で手前にあるのはナスで、その上、ビニール袋にはいったライムの右にある紫色のがバナナの花です。あかちゃんの頭ぐらいの大きさ。味は特にありません(私には)。しゃりしゃりした食感を出すために使っているのだと思います。

8949ddc9.jpg