市場で日本のあじよりもっと大きめのカンポンという名前の魚を買ってきました。新鮮で安いんだけど、日本のあじのように脂はのっていません。やっぱり寒いところの魚じゃないと脂はのらないのかな?

501efa2b.jpg


そのままだと小骨が多くて食べにくいので、3枚におろして揚げて、ご飯にのっけてなますといっしょに食べる『ベトナム丼』という名前の料理をつくりました(有元葉子のレシピ)。ベトナムで食べたことはないけど、ハーブを載せてライムをぎゅっとしぼるところがいかにもです。このなますはベトナムではサンドイッチにもはさみます。

ベトナム丼

1)にんじんと大根を千切りにして、塩もみして、水気をしっかりきったらにんにくのみじん切り、唐辛子のみじん切り、酢、ナンプラーで味をつけてなますをつくっておきます。

2)あじは3枚におろして油でよーっく揚げます。茶色くかりかりになるように。熱いうちにナンプラーをかけておきます。

3)ごはんに魚、なますをのせ、上に白髪ねぎ、香菜、ミントなどハーブ類をのせ、ライムやすだちなどの柑橘系のものをぎゅっとしぼってできあがり。


155275d8.jpg

スプーンでよーく混ぜながら食べるのがベトナム流だそうです。


今日の晩御飯はこれとにがうりのサラダ。にがうりとたまねぎを塩もみして水にさらしてよく水気をしぼったらツナとマヨネーズと合えるだけ。