今日は午前中は大雨で、気温も下がり、めずらしくあったかいものが食べたくなるお昼になりました。こういうこともたまにはありますね。

今日の麺料理も元は大久保恵子さんのレシピ。やや勝手に変えてますが手に入る材料で適当にやれば、こういうものはそれなりの味になるのがうれしいところ。タイ料理だってベトナム料理だって、先生によってやり方も材料もぜーんぜん違うし。ここはひとつ東南アジア的大らかさで、ぜひ自分の好みの味にしてください。

タイ風ヌードル

1)まず麺ですが、本来はセンレクという米麺を使います。きしめんのような形です。そうめんだって、いいでしょう。麺によって適当にお湯につけたり、ゆでたりしておきます。

2)スープは鶏がらスープが無難でしょう。自分で作るもよし、鶏がらスープの素を使うもよし。そこにレモングラスをぶつ切りにしてたたいたもの、こぶみかんの葉、ガランガなど、すがすがしい香りのものをぶちこみます。最近はレモングラスが粉末になって売られていたりしますから、なんとかそれだけでも手に入れて、スープに入れてみましょう。私は辛くしたいので、唐辛子もそのまま入れてしまいます。

3)具だって好きなものを入れればいいんですが、レシピではえびとしいたけです。えびがゆで鶏になってもしいたけがふくろダケやマッシュルームになっても一向にかまわないでしょう。それに青ねぎはかかせません。もやしを入れたりフィッシュボールを入れたりすればもっと楽しくなるかもしれません。しゃぶしゃぶ用牛肉を入れたりしたら、フォーみたい!それも大いにありでしょう。

4)味付けはフィッシュソースと砂糖少々、最後にライムやレモンをぎゅっと絞ります。面倒でない人は小鍋にごま油とにんにくのみじん切りを入れて、にんにくをこがさないように熱してガーリックオイルを作ってそれをたらしたら本格的。ライムなどは必ず最後にしぼらないと効果が消えてしまいます。

5)香菜やミントやバジルの葉があればそれをどかどか入れるといっそうタイ風になるでしょう。

f63ba1b7.jpg


食べてみて「?」と思ったら好みでフィッシュソースを足したり、お砂糖をちょっとだけ入れてコクをだしてみたり、ライムをもっとしぼってみたりしてください。