初日に行った料理教室は翌日がすでに満員だったため、他の料理教室を探したところ、近くにあったのでさっそく予約。電話で話していると、料理は自分で選んでOKとのこと。これはうれしい!もうトムヤムクンとグリーンカレーはいやっていうほど習ったので。でも午前中は定番メニューなので、午後から来て下さいと言われました。同じく料理教室を探していた初日に知り合ったアメリカ人シェフTrishにも知らせて二人で参加することに。

行ってみると、まずインド料理のレストランの入り口付近のいすに座らされ、ここでしばらく待っててねーとのこと。親切なインド人のおじさんが「料理すきなの?」「インド料理は好き?」とか話しかけてくれます。待ってる間にTrishも到着。そのうちに先生が呼びにきました。「準備OKよ?。まずはマーケットに行きま?す。」

というわけで、近くのスーパーに。午前中のクラスは市場に出かけるんですが、午後になると食料品のマーケットは閉まってしまうので、スーパーに。でも市販のプラムソースや手抜きのカレーペーストなど、教えてもらったのでよかったです。Trishといっしょにいろいろ買い物をしました。生徒二人に先生一人なので、Trishも私も心置きなくばんばん質問します。「これは何?」「これは冷凍できる?」「これはアメリカでも買える」(Trishはフィラデルフィア在住)「これは何日持つの?」。。。非常にうるさい生徒です。

レモングラスやホーリーバジルなど、手に入りにくいものは最近粉末になったものも売っているので、それを上手に利用しましょうとのこと。

(料理教室の材料と関係ないものまで)買い物を終えて、戻ると、さっきのインド料理のレストランの隣のふつうのお家みたいなところが料理教室でした。いきなり床にござが敷いてあって、「ここで料理しま?す。」

286f3965.jpg


おおっ!いいじゃないですかあ。これぞ家庭料理。タイの家庭ではなんでも床で料理したり食べたりするんだから。

先生はもちろん一人。助手なし。すぐとなりの部屋にはなんかいっぱい家族がごろごろしてる気配。キッチンは道に面してて、近所の子供がおもしろそうにのぞいてるし。こんな料理教室は初めて!わくわく。

886159a7.jpg


右側奥のかごの中はにんにく。すごく小粒だけど味も香りもだんぜんいい。右側手前のかごの中はシャロット。左のかごの真ん中にあるのがグリーンパパイヤ。手前のアルミのお皿にのっているのは超辛い小さい唐辛子プリッキーヌ、左の大き目の赤い唐辛子は辛くありません。

「さあ、手を洗って、エプロンつけてね?、はじめるわよ?」
。。。つづく。。。

8029b2e9.jpg


これが先生だ!