2011年04月

ハリッサ

ラムのひき肉を買って、久しぶりにモロッコ風シチューを作りました。

もとさんにわざわざ送ってもらったハリッサ登場!

2011 Apr 10 003

食べかけの写真で申し訳ない・・・クスクスと一緒に。

2011 apr 30 004

ハリッサは北アフリカ生まれの唐辛子ベースのペースト。
激辛というわけではなく、料理にコクがでます。
これで一気にモロッコ風!本場のモロッコ料理って食べたことないけど。
パンに塗っても、ディップに入れてもおいしそう。

ツナと塩昆布のパスタ

あまりに簡単にできてびっくりのパスタ。

2011 Apr 26 002


Cpicon 和えるだけ☆ツナと塩こんぶの簡単パスタ by さったんママさん

ツナ、塩昆布、バターと茹で上がったパスタを混ぜて、お醤油をたらすだけ!

シンガポールの大戸屋

大戸屋といえば日本では手軽に定食が食べられる有名なチェーン店ですが、シンガポールにもここ数年で何軒かオープンしてます。

イースターの昨日、BちゃんDちゃんと3人でランチに行きました。

シンガポールでは一時日本から食品の輸入を禁止したりしたこともあって、日本の食べ物を避けるような風潮になっています。週末の夜はいつも満員の近くの和食レストランもがらがら。

昨日行った大戸屋も影響を受けてるとのことでした。

2011 Apr 24 387

Dちゃんの豚ロース丼。

2011 Apr 24 390

Bちゃんのほっけ定食。キャンペーン中で15ドル。ふんわりおいしく焼けてました。

2011 Apr 24 393

私のハンバーグ定食。大根おろしに特性梅ポン酢をかけます。

大戸屋はご飯がちがう!テーブルにごま塩がおいてあって自由にかけて食べられるのもうれしい。お味噌汁はじゃがいもとわかめとたまねぎに豚肉。豚汁でもなく、普通のお味噌汁でもなく。小鉢にはやわやわのお豆腐と鮭のあんかけ。ご飯はお変わり自由です。追加料金でひじきご飯やとろろご飯もあります。

3人とも大満足のランチでした。

生の金針菜

冷蔵庫に入ってた見慣れない野菜。Donちゃんがどこかで見つけて買ってきてたらしい。ゆりの蕾だって。
ネットで調べたら、金針菜だった。
生の金針菜って初めて見た。乾燥したものは春巻きに使ってたけど。

2011 Apr 15 003

さっと炒めた。しゃくしゃくしておいしい。ちょっと苦味もあります。

きゅうりのカリカリ漬け

冷蔵庫にないと困るけど、ちょっと忘れるといたみも早いきゅうり。

すぐに使う予定がない!と思ったら漬けてしまうのが一番ですね。

019 (3)


Cpicon 幼稚園で大人気♪きゅうりのカリカリ漬け by syuukai さん

これはおいしい!リピ決定!

えのきとトマトのふわカレー

izumimirunさんのえのきとトマトのふわカレーを作りました!

2011-03-05 004

ちょっと焦げたので色が・・・!
でも味に深みが出て()おいしいです。お麩はふわふわ、えのきはとろとろ。

鰹昆布の使い道

いただき物の鰹昆布。ほかほかの白いご飯と食べるのが王道なのだろうけど、我が家はご飯をそれほど食べないし・・・

2011-03-09 015

5mmくらいの薄切りにしたきゅうりに軽く塩をして、水気をしぼってから刻んだ鰹昆布とあえました。

これおいし~。時間がたつとなおおいし~。

切干大根ともやしの炒めたの

最近お気に入りの切り干し大根の食べ方

izumimirunさんの乾物の本にあった切干ともやしのタイ風サラダ

2011 Apr 15 005

切干は戻さず、洗うだけ。もやしと一緒に炒めていると、もやしの水分を吸っていい歯ごたえを残したままちょうどよく戻ります。

オリジナルのレシピは醤油とレモンで味付けですが、ナンプラーとライムで。めちゃめちゃ好みの味!こんな切干の食べ方があったなんて・・・!

ボランティアになった暴走族 Hot-rodding gang becoming Volunteers

On April 17th, hot-rodding gang based on Ibaraki-prefecture, Ooaraimachi for 30 years, has officially dissolved.

After the earthquake, they felt that this is no time for being hoto-rodders, as the neighbors and policemen at the shelter worried about their well-being, even though those adults used to be their “enemy”. Few of them started volunteering clearing the town hall covered with mud. On May 17th, the leader declared official dissolution of the group at the police office returning their flag and pledged to work for the town as volunteers with other members.

(Yomiuri Newspaper, April 18, 2011)



読売新聞にあった記事を転載します。
16才の総長、粋だねえ!

○●○●○●○●○

茨城県大洗町を拠点に活動していた暴走族の解散式が17日、水戸署で行われた。今後、津波で大きな被害を受けた同町の復興のため、がれきの後かたづけや浜辺の清掃などを行うボランティアチームとして再出発する。


 解散したのは、同町の高校生など15人で構成された「全日本狂走連盟愚連隊大洗連合ミスティー」。メンバーが入れ替わりながら約30年間、同町や水戸市などで、集団でバイクを乗り回し、爆音を響かせてきた。

 解散のきっかけは東日本大震災。避難所などで「敵」と思い込んできた近所の大人や警察官から「飲む水はあるのか」などと気遣われ、「暴走なんかしている場合じゃない」という気持ちが強くなったという。泥まみれになった町役場の清掃に参加するメンバーも現れた。

 解散式では、暴走族の少年総長(16)が「今まで地域の人に迷惑をかけた。今後、暴走行為は行わない」などと宣誓書を読み上げた。「族旗」も水戸署大洗交番所長に手渡し、同町職員や警察官らから拍手が送られていた。総長は「これからは同じ境遇の少年たちも巻き込んでボランティアとして頑張りたい」と誓った。

2011年4月18日10時42分  読売新聞)

pray for Japan

みんな、元気?

http://prayforjapan.jp/message/?lang=en


Translated in various languages by volunteers.
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ