2008年03月

アボカドとツナのスパゲティ

アボカドのスパゲティ。

トマトを入れたり、みじん切りの玉ねぎを入れたり、いろいろ試行錯誤しているうちに、こんなシンプルなレシピをクックパッドで見つけた。

46c45330.jpg


簡単なのに、いろいろごちゃごちゃ入ったものよりずっとおいしい。にんにくを炒めて、そこにゆでたパスタも入れてからめるのがポイント。レモン汁をかけておいたツナとアボカドのミックス、海苔をちらしてできあがり。にんにくオイルがからまったスパゲティって、なんておいしいんだろう。

イタリア人も、アボカドたくさん食べるメキシコ人も、こんなパスタは思いつかないんじゃないか。日本人万歳的パスタ。

にんじんパスタ

人参くらいしかなくて・・・明日は買出しだ!

こういうときはizumimirunさんのレシピだ。野菜一種類でも何かつくれる。
今日はうさぎ娘の☆にんじんパスタを作ってみた。

5b33416c.jpg


夜の写真なので色がいまいちなんですが・・・

人参が甘くてやさしい味のパスタ。疲れた身も心も癒してくれるパスタ。そう、今日は本当に心底疲れた・・・

今日は仕事場のオープンハウスで、土曜日なのに働きましたの。
冷房効きすぎで体の芯まで冷え切ってしまった。鳥肌が立って、指の先の感覚がなくなるくらい寒い!寒すぎ!!なんで室内をここまで寒くするのか!シンガポール3大不思議のひとつ。

ちなみに他の二つは:

? ロジャック(シンガポール料理の一つ)のどこがおいしいのか。
? シンガポール人はなぜいきなりBECAUSEで発話を始めるのか。

きな粉のクッキー

きな粉のクッキーです。レシピはここから。

バターの代わりにサラダ油。豆乳も入ってます。名前にあるとおり、ちょっとハードなタイプ。でもこのあいだ作ったときに、サラダ油と豆乳をちょっと多めに入れちゃったら、やわらかめになりました。

8fe24f53.jpg


ボール一つ、材料を全部混ぜるだけ。バターが入ってないので、それほどべとつかず、あっというまにできます。ヘルシーな作り置きおやつ。実は10回以上リピートしている超お気に入り。甘いもの、一口だけ食べたい、というときに重宝します。

玉ねぎの胡麻味噌蒸し

たまねぎだけで作るおかず。

26ce168c.jpg


実はvege diningのizumimirunさんからレシピをプレゼントしていただきました!ヽ(´▽`)/
以前玉ねぎの磯蒸しがおいしくて、思わずご報告してしまったら、今回はこんないいレシピを贈ってくださって!!

玉ねぎの磯蒸しもおいしいけど、これもすごいっ!調味料の配合がさすがizumimirunさんです!練り胡麻と味噌の組み合わせにお酢がちょっと入ることで玉ねぎがとってもまろやかに!さらにオリーブオイルのおかげで蒸しているのにこっくり味。う?ん、ごま油とかじゃなくてオリーブオイルなのがセンスです。

ほんとに玉ねぎだけなのに、お鍋に入れて蓋して終わりなのに、それなのに、こんなにぐわしぐわしとご飯がすすむおかずになってくれて・・・もうこうなったら玉ねぎ祭りです!思い知れ!玉ねぎの実力!

これね、玉ねぎ、それほど好きってわけじゃない人にこそ食べてほしい!びっくりしますよ。腰ぬかしてもしらないよ。



シュウマイ

皮が残ってたのでめずらしくシュウマイ。エビ入り。そもそも何で家にシュウマイの皮があるのかも思い出せない。

ee3139ef.jpg



シュウマイって餃子より簡単なのに、餃子より人気がないような気がする。地味な食べ物だ。

餃子の皮ぱりっ、もちっ、中身じゅわ?の華やかさがないからか。

昔はおじいちゃんちに行った帰りに横浜で崎陽軒のシュウマイを買ってたな。冷めても食べられるっていうのがよけいに地味だ。

インドネシアのご飯

食事はグループ全員でレストランで食べたり、分かれて適当に食べたり。

0a08cdda.jpg



インドネシア料理といえば、

adcead05.jpg

まずはナシゴレン。チャーハンですね。必ず目玉焼きといっしょ。


5c132463.jpg

ガドガドは茹でた野菜、厚揚げ、卵などにピーナッツソースをかける甘い味のサラダ。

3d9154a0.jpg

ナシ・チャンプル。チャンプルは「混ぜる」の意味。いろんなおかずがついてる。ショッピングモールのフードコートで。

それから魚料理がおいしかったなー。揚げた魚の背びれや尾びれがぱりぱりでおいしいの。

8cf83b18.jpg


これは朝ごはん。ソロの名物料理、ナシ・リウッ。ご飯、味つきゆでたまご、鶏肉、炒めた玉ねぎ。ココナツミルク風味でおいしい。

7ca800ad.jpg


いつもは路上でこうやって売っているおばさんが、滞在したチャクラ・ホームステイに来てくれた。

80ddfcf6.jpg


デザートはこれ

84ec6aed.jpg


アボカド+チョコレート+コンデンスミルクというとんでもないカキ氷。Donちゃん大喜び。

そこらじゅうでガムラン

ソロ滞在中は毎日のようにガムランの演奏を聞きに行きました。

毎日必ずどこかで何らかの演奏がある。さすがジャワのガムランの本場。

マンクヌガラン王宮には、屋根がついているが四方は吹き抜けの大理石の大広間があって、そこで毎日のようにガムラン演奏や舞踊の練習が行われている。

790fbaef.jpg

か、かっこいい・・・おじいさんに弱い私・・・



7b3e8832.jpg

群舞の練習


金曜日の夜はここからラジオ中継があった。この演奏はさすがにすばらしかった。10時に始まり、12時ぴったりに終わる(ラジオ中継だからなんだけど、よくここまでぴったり調整できるなあ)。最後の音が消えるやいなや、みんなおもむろに立ち上がって自転車とかでわらわらと帰っていった。なんかもう、ふつーの生活の一部って感じだ。

a55e38db.jpg

ラジオ中継なのでみんな着の身着のまま



王宮を出てさあ、帰るか?と歩き始めると、なんとすぐ近くでワヤン・クリッ(影絵芝居)もやっていた。すばらしい。ソロとはこういうところなのか。



少人数のガムランで、めずらしく若いお兄ちゃんが演奏していた(近年伝統音楽の担う若者はどこでも減少しているらしい)。ダランと呼ばれる人形遣いは儀式(そもそもワヤンは先祖供養と悪魔祓いの儀式なので)の司祭者でもあり、物語の語り部でもあり、足で打楽器を打ち鳴らし、ガムランの指揮もしている。正装したダランはいつ見てもかっこいい。

ガムラン合宿(1)

ガムラン合宿から一足先に帰ってきました。

4泊5日で、場所はインドネシアのジャワ島のほぼ中央にあるソロというところ。正式名称はスラカルタ。シンガポールから直行便で2時間ほど。

参加者は総勢16名ほど。メンバーの大部分は一週間滞在するのでまだ合宿中。私は月曜から仕事だから早く帰らなくちゃならなかったのだ。残念。

空港に着くとリーダーのヤンが出迎えてくれる。そこからタクシーに乗ってチャクラ・ホームステイへ。

7d10ecef.jpg

200年ほど前に建てられた古い家で雰囲気は最高。大通りから少し入ったところでとても静かだ。

a1a4b573.jpg


ただし部屋はかなり厳しかった。エアコンは付いているものの、トイレとシャワー一体型で、水だけ(4ドルほどで電気ポットを買って、2リットルほどお湯を沸かしてなんとか髪を洗ったりした)。ベッドはかなり古く、かび臭さに慣れるのに時間がかかった。部屋には蚊がそれほどいなかったのがせめてもの救いだ。いちおう用意してきた蚊帳をつった。

78de585b.jpg

シーツを持参したのは正解だった


まあ寝る時くらいしかこの部屋にはいなかったのでなんとかやりすごしたが、この歳でこういうところに泊まるのはそろそろきついですね。1泊2千円ほどとはいえ、まさに合宿。四星のNOVOTELに泊まったTyがうらやましかったことであるよ。

でも朝は砂糖入りの紅茶を部屋の前のテーブルにおいておいてくれるし、お茶は飲みたいときに頼めばいつでも用意してもらえる。ゴキブリの来襲もあったが、そのときもおっちゃんにすぐなんとかしてもらった。

98ffb67f.jpg

同伴した夫チーム


そしてなによりここにはガムランが一式そろっており、グループの練習には最適の環境なのである。

a9e607fa.jpg


ここで午後は個人レッスン、または小グループレッスン、その後引き続き全体レッスンが毎日あった。

706bad10.jpg

ボナンの小グループレッスン

90a6607f.jpg

レバッブという弦楽器の個人レッスン。私も僭越ながらこの楽器を3日間習いました。
記事検索
プロフィール

emi

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ