2008年02月

ツナとえのきのスパゲティ

また超簡単でおいしい和風スパゲティのレシピをクックパッドで発見!

ツナ缶におろしにんにく、しょうゆを混ぜ、これをオリーブオイルで炒めたえのきと混ぜ、スパゲティーにあえてできあがり。

6f3bd1d2.jpg


スパゲティをゆでる時間(約8分)で完成!ありがたいです。

今日からガムランのグループの合宿で、インドネシアのソロに行ってきます。

鳥との戦い

今始まったことではないのだが、実はここ数年Dちゃんはある鳥と戦っている。

その鳥はたいてい夜11時くらいから、夜中の2時とか3時頃にかけてアパートの駐車場にやってくる。そして木にとまって1時間から2時間くらいの間、鳥とは思えないような鳴き方で、音をたてる。それはだれかが拍子木をカンッ!カンッ!カンッ!とたたいているような音なのだ。どうやらメイティングコールらしい。それが延々続く。小さい黒い鳥で、この鳥のどこからこんな大きな音がだせるのか、というくらいうるさい。

うちのアパートの寝室はちょうどこの駐車場に向いている。よほど暑くなければクーラーなしで窓を開けて寝ているので、この鳥の鳴き声はいやでもよく聞こえる。しかも三方を高層アパートに囲まれているので、抜群の音響で響き渡る。


私はそうでもないが、眠りが浅いのか、身体が反応するようになってしまったのか、Dちゃんはこの鳥が来るやいなやすぐに目が覚めてしまう。そして一度聞こえてしまうと寝られない。ついには業を煮やして2時であろうが、3時であろうが、下まで降りて行き、鳥を見つけては枝などを投げつけて追い払う。しかしこの鳥、数時間後にはまた戻ってきて、同じことをくりかえすのだ!しかも毎晩!!ヾ(*`Д´*)ノ"彡

この鳥を追い払うためにDちゃんは今までにフリスビー、パチンコ(Yの字型にゴムがついてて、びゅーんと石などを投げるもの)、などに投資したが、鳥はいったんその場を離れるものの効果はかわらず。追い払ってもしばらくすると戻ってくるのだ。ビービーガンやエアガンの購入も真剣に考えたが、シンガポールには持ち込めないことがわかったのでこの鳥を仕留めることはとうてい無理だ。レゴラス(ロード・オブ・ザ・リング)やあしたか(もものけ姫)はうちでは賞賛の的だ。アーチェリーを習うことも考えたが非現実的なので却下。

わからないのは、他のアパートの住人はどうして寝られるのか、ということだ。近所の人に聞いてもだれも気にしている様子もない。みんな窓を閉めてエアコンをつけて寝ているらしい。まあうちもそうすればいいんだが、そうすると私がすぐ喉が痛くなるのでなるべく避けたい(でも昨日はあきらめてそうしたら案の定、今日は喉が痛い)。




で、結局引越しすることにした。


そう。我々は鳥に負けたのだ。|i||||i_|?|○i|||i|||i



(引越しは3月末です。同じ団地内の別の棟に移るだけですが、面倒です。)

玄米のたきこみご飯

玄米を炊いた。なぜかというと




(E子ちゃんにもらった)白米がもうないから・・・( ノД`)



シンガポールに来る日本のお米はなぜか無洗米が多い。どうもこれは好きじゃない。カリフォルニア米や中国で作ってるアキタコマチなんかはずっと安いけど農薬が心配だからなるべくなら買いたくない。魚沼コシヒカリは2kgで3000円ですわ!しかも米なんか買った日はタクシー使って帰るしかない。で、最近シンガポールはタクシー料金が値上げされ、ラッシュアワー時は35%も上乗せされる。こんな時間帯にタクシーに乗って、伊勢丹に行ってお米を買ってきたら世界一高い米まちがいなし!||i||||i_|~|○i|||i|||i


で、玄米だ。日本産じゃないからブラウンライスと言うべきか。近くのスーパーでオーガニックらしいのが小さいパッケージで買えるので、古くなる前に使いきれるのもうれしい。

玄米は嫌いじゃないけど、チャーハンにしたり、ライスサラダにしたり、アレンジした方が食べやすいと思うエセ玄米ファンだ。

昨日はたいしたおかずを作らなくてもいいようにありあわせの材料で炊き込みご飯にしてみた。

26fb5188.jpg


1時間浸水した玄米2カップを炊飯器に入れて、使いかけのツナ缶(油漬けの油ごと)、油揚げ、干ししいたけを入れて、醤油、酒、塩少々、水2カップ半入れてスイッチ・オン。お茶碗によそってから塩昆布をちょっと載せました。

適当に作ったわりに、すっごくおいしかったヽ(´▽`)ノ

玉ねぎだけなのに!

ずっと買い物に行けなかったとき、めぼしい野菜といったら玉ねぎしかなかったときに作ってみました。

またもvege diningのIzumimirunさんのレシピから。玉ねぎと海苔だけで作る「磯蒸し玉ねぎ」。

77f15880.jpg


こんなにシンプルなのに、立派なおかずになってくれて、なんてえらいの、玉ねぎ。

いくらなんでも玉ねぎだけでおかずなんて・・・と躊躇していたのに、作ってみたら、どうしてこんなにおいしいくなるのか!というくらい、玉ねぎの底力を見るような一品になりました。しゃくしゃくの歯ごたえ。ごま油としょうゆがこっくりと、玉ねぎの甘みを引き立てて、しみじみおいしかった?。

ひじきのサラダ

ひじきって煮なくても食べられるんだー。

水で戻したひじき、千切りにんじん、きゅうり、冷凍コーンと混ぜて、醤油、お酢、白胡麻、マヨネーズであえただけ。
参考にしたのはこちらのレシピ(でも私は妊婦じゃないよ)。簡単、ヘルシー、おいしい。

eec6459a.jpg


ひじきはやっぱり中国産かあ・・・わかめも春雨も。乾物はほとんど中国産・・・みなさん、どうしてますか?

抜歯その後

これが3日間ヤケ食いしていた鶏の唐揚げ葱ソース

74f7cf75.jpg


おいしいのよ。



抜歯はいたって簡単だったのだが、担当の先生の話が長い長い。一度は三叉神経痛かもしれないと、薬まで出して、1週間も歯痛をひきのばすことになった言い訳をしなければならなかったのだろう。まあゆるしてやろう。

そして次は抜歯した後の穴に入れる小さな物体(5mm程度)についての説明。なんでもそのうちに解けてしまうのだが、解けるまでにそこに血液とかが流れ込んで足場となり、穴がふさがるときに歯茎や骨が低くなるのを防げるんだとか。アメリカではもう許可が降りてるとか、シンガポールでの使用を申請中だとか、今ならタダだとか、どうでもいい話をいろいろ聞かされ、まあ入れてもいいよ、と言ったのがまずかった。見学の学生がぞろぞろ来て、おまけに口の中の写真までいろいろ撮られた。研究のためなんだろう。自分の研究のためにいろんな人に協力してもらってる分際としては、イヤだとも言えず・・・

抜歯自体は麻酔が効いてからあっという間に終わったのに、実際に部屋に入ってから2時間近く経過!看護婦さんがご丁寧に抜いた歯をガーゼで包んでお土産に持たせてくれた。怖くて見れず。
急いで抗生物質を買いに処方箋をもって薬局へ行き、うちへ帰った。つきそってくれたDonちゃんは飛行機を半日遅いものに変更してくれたのだが、家に帰ってからは大忙しでしたくをして、空港へ向かった。

今回DonちゃんがLAに行ったのは、LA BIZZAROパート2出版のため、著者の一人Mattの取材につき合わされているからだ。ロサンゼルス近郊の怪しげなところを取材し、コメントするのだ。ロサンゼルスには近年ますます変な人が集まってきているので、パート2を出すことにしたらしい。


私と言えばすっかりやさぐれてしまったので、DVDを見たり、昼寝をしたりして4日間の連休を一人で思いっきり怠惰にすごすつもりだ。

487e5b83.jpg


昨日からこればっかりのコーンスープ。クリームコーン(缶)、牛乳、コンソメを温めて、塩コショウして終わり。でもおいしい。

昨日はなんとなくずきずきしていた痛みも今日はなくなったものの、精神的ダメージが大きく、流動食を開発しようという気も起こらない。明日あたりは普通に食べられるとは思うんだけど。

抜歯

金曜日に神経を抜いた歯の治療に歯医者さんに行った。
やさしそうな紳士の先生だ。
けっこう有名な先生らしいし、応対もとってもやさしくソフト。よかった?。

例によって注射器で麻酔を打つ。ああ、ここ2週間で、いったい何回この注射を打ったことか・・・痛いんだよねー。先生たちはこの注射を打つときに、みんな「ごめんね、ごめんね」と言ってくれる。

神経を抜くために開いた穴をさらに削ったりして、それを上からカメラ付き拡大鏡のようなものでチェックする先生。すごい最新式の機械がそろってるわ?、と感心するも束の間。先生から悪魔のようなお告げが・・・



「ひびが歯根に達してて、救いようがありません。抜歯するしかないです。」



<(゚ロ゚;)>ノォオオオオオ!!


デジタルカメラで撮影した映像を見せてくれる。ひびがくっきり・・・

薬を注入してもひびが貫通しているため、薬がしみだしてしまってまた痛くなることは必須。早いほうがいいでしょう、とのことで水曜日に抜歯することになった。

「だいじょうぶ。一本なくたって何でも食べられます。前歯だけで何でも食べてる人もいるし、インプラントにすれば問題ありませんよ。」

一番奥の歯のためにブリッジにすることもできない。

i||i||||i_|?|○i|||i|||i

死刑宣告を受けたかのようにがっくり肩を落とし、涙をためてよろよろと立ち去る四十路女を先生はどう思ったであろうか。


シンガポールは木曜日から中国の旧正月で4連休だ。水曜日は大晦日ということで、中国系の家族は集まってみんなで大事なディナーを食べる。よって同僚の強いすすめもあって、水曜日の午後の授業をキャンセルすることにした。学生はメールを見て大喜びしていることだろう。


オフィスでとりあえず用事を済まし、お先真っ暗、この世の終わりのような気分で家に帰るとまたずきずきとした痛みがあったので痛み止めを飲む。

身体の中で一番好きな器官をあげよ、といわれたら、迷わず「口」と答える。その中で今まで数々の食べ物を味わうことに貢献してくれた歯。一本だって失いたくない!三叉神経痛かも、と診断された時よりショックは大きい(もちろん三叉神経痛の人が聞いたら怒るだろう。抜歯一本ですむほうが、よほど楽に決まってるんだから)。

ぐれてやる。

やけになった私は栄養のバランスも考えず、鶏の唐揚げを作り、ご丁寧に葱ソースまで作って食べた。

同僚やDonちゃんになぐさめられて、夕方になってやっと落ち着いた。

Donちゃんは水曜日の朝の飛行機でロサンゼルスに行く予定だったが、午後の便に変更して、当日は病院について来てくれることにしてくれた。私が異様におびえているからだ。たかだか歯を一本抜くだけで!(。-_-。)

またもや流動食生活が待っている。水曜日はおそらく何も食べないだろうから体重が落ちることは必須。だから水曜日までに好きなものを食べまくっておくことにした。
明日はまた鶏の唐揚げ葱ソースを死ぬほど食べるつもりだ。
ヤケ食いとはまさにこのこと。






納豆チャーハン!

しばらくご無沙汰してました。

実はここ10日ほど、ものすごい歯痛に悩まされていたのです。最近の更新は全て書き溜めてあった記事を毎日アップロードしていたのでございます。それもつきはてた金曜日、やっと神経を抜いて、痛みが鎮まったところです。

もうこの間、口腔外科で三叉神経痛だと言われたり、痛み止めも効かずに夜中に救急病院に駆け込むこと2回。麻酔も2時間しかもたず、椅子で寝た日が続きました。とうとう偉い先生に回してもらい、ひびがはいった歯が見つかったのでした(´Д`|||)。もうあまりのショックに顔文字使っちゃうよ!

まあわけのわからない神経痛でなくて何より。もしそうだったらえらい薬を毎日、今後少なくとも半年は飲み続けなきゃならないところでした。この薬を飲むと、普段聞いてる音がちょっと下がって聞こえるんです。例えばシの音がソに聞こえるんです。エレベーターのピンポーンという音も、携帯の着信音も、みんな変な感じに聞こえてました。

この10日間、毎日ように歯科通いで、スタッフも同情してくれたのでしょう。キャンセルが出るとすぐに電話して優先してアポをとらせてくれます。ヽ(´▽`)ノ

やっと問題の歯の神経を抜いてからここ数日、流動食ばかりでしたが、今日あたりは、普通の食事もOKになりました。で、今日の晩御飯はずーっと食べたかった鶏の唐揚げ葱ソース!そして納豆チャーハン

納豆チャーハンですよ!今まで納豆はパスタでしか食べてなかったのに、今日はご飯物です!これは納豆食べず嫌い克服を宣言してから応援してくれたHちゃん、Mさん、E子ちゃんにぜひ報告しなくちゃと思います。ものすごい飛躍です。

cd015a54.jpg

まったくもってどうでもいい映像ですが、証拠として。


中には納豆、卵、ツナ、いんげん、たまねぎ、にんじんが入ってます。このチャーハンいいわ!でももっとおいしい納豆チャーハンのレシピもお待ちしてます。ヽ(´▽`)ノ
ああ、うれしくって、顔文字を大人気なく使ってしまうほどです。

普通のご飯に納豆をかけられる日もそう遠くはないかもしれません。
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ