2006年11月

シンガポールの住宅事情

普通のシンガポール人の9割はHDB(Housing & Development Board=住宅開発庁)フラット、政府が持ち家制度促進のために開発した高層住宅に住んでいる。年収の3?4倍くらいの値段で買えるため(平均月収は15万円くらい)、HDBフラットの住居者の9割以上は賃貸ではなく、所有している。シンガポール人の持ち家率はこのためにかなり高い。ただし所得が高すぎるとHDBフラットは買えない。あと独身の人が一人で住む場合は35歳以上でないと買えない、住民の何%はマレー系とかインド系じゃないとだめ、などの制限がある。最近建てられたHDBフラットは狭いが、古いものは面積も広い。下にはホーカーやスーパーがあって便利。しかしエレベーターが各階に止まらなかったりするところが多い。シャワーとトイレが同じスペースだったりするところも。

で、ある程度収入のある人はコンドミニアムを借りたり買わざるをえないわけだが、最近引越した同僚の話を聞くと、その家賃の高さに驚く。大学の近くやインターナショナル・スクールの近くの物件は軒並み東京とかわらないほどの値段だ。2LKの家賃が20万円を超えるところなどもざらだ。しかも景気に左右されるので、2年前にSARSが来たときなんかは家賃もものすごく安かった(値下げしたらしい)のに、今はどんどん上がっているそうだ。外国人には住宅手当がある程度つくからまだやっていけるけど、これがなかったら家賃は大変。

最近のシンガポール住宅事情でした。

0060309c.jpg

シンガポールのクリスマス

シンガポールのショッピングのメッカ、オーチャード・ロードは11月のはじめの頃からクリスマスの飾りつけですごいことになっている。

b1c35e5e.jpg


この趣味の悪さ!いくらなんでもひどいんじゃないか。こんな成金趣味のサイケデリックな金のなる木みたいなの。日立!あんたが協賛しているならもうちょっとなんとかしてほしい。

手捏ねコーンミール・ブレッド

どういうわけか昨日の晩から、朝は焼きたてのパンを食べると決めていた。マフィン型で作る簡単な手捏ねパン。これならできそうだったので。

手捏ねコーンミール・ブレッド

<作り方>
1)ボウルAに強力粉 80g、粗挽きコーンミール30g、砂糖大さじ1強、ドライイースト小さじ1強を入れる。ボウルBに強力粉80g、バター20g、塩小さじ1/3を入れる。

2)ボウルAの砂糖とイーストにめがけて水100ccを垂らしたら木べらで手早く混ぜてとろみを出す。

3)ボウルAの中身をボウルBに移して、混ぜ、ひとまとまりになったら台の上で弾力が出るまで捏ねる。

4)ラップをして40度で25分発酵させる。

5)軽くパンチしてガスを抜く。

6)生地を6等分して丸めてとじ目を下にする。

7)ぬれ布巾をかけて10分ベンチタイムをとる。

8)マフィン型にコーンミールをパラパラしておく。

9)生地を手のひらで軽く押してガス抜きをして、丸めてとじ目を下にしてマフィン型に入れる。

10)上からコーンミールをパラっとかけて、2次発酵。クッキングシートをかぶせ、その上にバットなどを重しにして40度で25分おく。*焼くときははずす。

11)190度に温めたオーブンで15分焼く。

353d4227.jpg


かわい?い。


a39b748c.jpg

軽くてふわふわ。

なだ万ミニ懐石

同僚のお別れ会で、シャングリラホテルのなだ万でランチをした。全員ミニ懐石40ドル+サービス料(約3600円)をオーダー。さすがなだ万!すばらしいお味。薄味なのに出汁がしっかり効いていて、素材の組み合わせも見事。

fa474901.jpg

先付:
蟹身と菊菜浸し(菊花 揚げスルメ)(写真右)
落花生豆腐(鼈甲餡 山葵)(写真左)

まったりとした落花生豆腐は餡の味付けが絶妙。とび子と山葵がすばらしいアクセントに。菊菜浸しもあっさり上品なお味。その後を大いに期待させ、わくわくさせるような先付。



5cffafb3.jpg

吸物:
帆立真丈(湿地 鶴菜 紅葉野菜 柚子)

帆立真丈はとてもていねいに作られていて、しっかり帆立の味わい。柚子の香りのお吸物はさわやかな後味。日本人に生まれてよかった!


806941b5.jpg

造り
二種盛り合わせ (土佐醤油 あしらい)

マグロとハマチ。ここのお寿司はおいしくないらしいが、ハマチのお刺身は脂がのっていてなかなかのもの。小ぶりの紫蘇やエディブルフラワーなど、盛り付けも気合十分。


a94c6f5b.jpg

煮物
野菜飛竜頭 (海老鋳込み 共地餡 晒し葱 芥子)

なだ万はやはりすごかったとひれ伏したくなる一品。海老や銀杏がぶつぶつ入っていて、餡のお味がこれまたうなるような旨さ。和食は出汁が命だと実感。芥子と晒し葱がこってりとした飛竜頭のアクセントにぴったり。


c761089e.jpg

焼物
秋鯖西京焼き (玉子焼き 丸十檸檬煮 芽生姜)

なだ万だと脂ののった鯖もしっとりとここまで上品に。玉子焼き(葉の後ろに隠れている)は関西らしく甘くないだし巻き。サツマイモの檸檬煮もほっこりとおいしい。鰹節をまぶして甘辛く煮絡めた胡桃になだ万の底力を見る。


210062c6.jpg

食事 栗五目炊き込み
止椀 田舎味噌汁
香の物 盛り合わせ

唯一残念だったのがこの炊き込みご飯。ご飯が日本製でないことがわかってしまう。しめじや栗が入ったいかにも秋の炊き込みだっただけに惜しい。きゅうりは浅漬け。できればぬかづけにしてほしかった。柴漬けがたっぷり付いているのがうれしい。田舎味噌汁は豆腐とわかめ入り。


b4fa7f44.jpg

デザート
きなこムース (ぎゅうひ 甘納豆 黒蜜掛け)

メニューを見た限りまったく期待していなかったのに、感激のおいしさ。ムースというよりはブラマンジェのようなまったりとした口当たりなのに重くなく、黒蜜も上品な甘さ。添えられたシロップ漬けのイチゴも好相性。

さすがなだ万。プロの仕事とはこういうことをいうのか。ひさしぶりに一口一口心から幸せを味わった。最後の一口まで飽きずに本当に食べてしまうのが惜しいような、そんな食事は和食、しかも懐石でしかありえない。注ぎ足してくれるお茶も濃すぎたり薄すぎたりすることがなく、いつも本当においしかった。これはすごいことだ(森田屋ではありえない)。ここを教えてくれたS先生に心から感謝。味のわかる人とぜひまたリピートしたい。

オレンジ・バナナ・シフォンケーキ

バナナ・オレンジシフォン

材料
薄力粉 140g
ベーキングパウダー 小さじ2
塩 少々

オレンジの皮 1個分
バナナ 2本
卵黄 4個分
グラニュー糖 100g
サラダ油 1/3カップ
オレンジ果汁 1/3カップ
卵白 6個分

1)卵黄をほぐし、グラニュー糖半量をいれ、白っぽくなるまで泡だて器で混ぜる。すりおろしたオレンジの皮、つぶしたバナナ、サラダ油、オレンジの果汁を入れて、よく混ぜる。

2)粉類をふるいながら1)に混ぜる。

3)卵白に残りの砂糖を加えて角がピンとたつまでよくあわ立てる。2)に半分加えてよく混ぜ、残りの半量を加え、泡がつぶれないように静かに混ぜる(でもしっかり混ぜないとあとでおおきな気泡ができてしまいます)。

4)型に生地を流しいれて、型を台の上に軽く落として空気を抜く。180度に温めておいたオーブンで40分焼く。

5)焼きあがったら逆さにして、ワインの瓶などにさして冷ます。

今回はとってもよくできました。

69c4aac6.jpg


切るとふにゃっとなってしまうシフォンケーキ、今回のレシピではしっかり立ってます。オレンジの香りとバナナの味がしっかりしてておいし?い!半分くらいはラップして冷凍。残りは一回分ずつ切ってジップロックに入れて、一日一切れおやつに食べてます。バターを使ってないので罪悪感なし!

Bran Muffin

Bran(小麦ふすま)があった。誰かがもう1年くらい前にアメリカから持ってきてくれたらしい。何に使うんだ?

こういうときにインターネットはほんとに便利。さっそくレシピを探して簡単そうなものを作ってみる。

Bran Muffins

<材料> (10?12個分)
Weat bran(小麦ふすま)1 1/2 カップ
バターミルク(牛乳+ヨーグルトで代用)1カップ
サラダ油 1/3カップ
卵 1個
ブラウン・シュガー 2/3カップ
バニラエッセンス 小さじ1/2
小麦粉 1カップ
重曹 小さじ1
ベーキングパウダー 小さじ1
塩 小さじ1/2
レーズン 1/2カップ


<作り方>
1 オーブンを190度にあたためておく。
2 Weat branをバターミルクに浸し、10分おく(おかなくても混ぜればいいと思います)。
3 サラダ油、卵、砂糖、バニラを混ぜて、1に加える。小麦粉、ベーキングパウダー、重曹、塩をふるって混ぜる。レーズンも入れて、混ぜ、マフィンの型に油を塗るかペーパーカップを敷いてそこに生地を入れる。
4 20分焼いて出来上がり。

e4b790ca.jpg


授業がないので朝ごはんに焼いてみた。焼きたてのマフィンを食べる幸せ。

しばらくここにいます

仕事が更新されたので、もうしばらくはシンガポールにいます。あと3年は。

来た当時、とりあえず3年住んでみて、嫌だったら他のところに行こうと話していましたが、他に仕事もないし、夫婦で同じ大学で働けるなんてほんとうにありがたい(文字通り、有難い)ことなので、何かよほど劇的なことが起こらない限りはもうしばらくここにいます。

というわけで、遊びに来てね、みなさん。

チキナータシヤー

イタリアの師匠に教わったレシピで、はまりまくって週に2回は食べているチキナータシヤー。沖縄料理で、からし菜と豆腐の炒め物です。

? からし菜一束に塩をばっとふって、15分くらいおいておきます。

? もみこむように水気を絞って刻んでおきます。

? フライパンでからし菜を炒め、ほぐした豆腐、ツナ缶を適当に入れて炒めてできあがり。塩加減がたりなければ醤油を足します。私はかつおぶしも最後に入れます。

栄養価も高く、これだけ食べてもぜんぜん飽きません。超おすすめ。

トライフル

いただきものの文明堂のカステラ。学生とセミナーで食べたけど、それでも半分も残ってたので、トライフルにしました。グラスに小さく切ったカステラを入れて、洋酒(コワントロー、ブランデー、シェリーなど)をふりかけ、カスタードと、フルーツ、ヨーグルトクリームを適当にのせて終わり。

deccb1f2.jpg


カスタードは電子レンジで簡単に作れます。
卵黄3個、グラニュー糖大さじ2半、をよーく混ぜ、白っぽくなったらコーンスターチ12g、牛乳180gを入れ、さらによーく混ぜ、電子レンジで様子を見ながら4分ほど加熱したらもうできあがり!熱いうちにバター10g、バニラエッセンス少々を混ぜ、バットにうつしてラップでぴっちりおおい、冷まします。冷たくなったら牛乳大さじ3?4をさらに加えて混ぜるとやわらかくなります。

ヨーグルトクリームは生クリーム100ccとグラニュー糖大さじ1をよーく泡立て、プレーンヨーグルト大さじ4を混ぜればできあがり。

冷蔵庫でよーく冷やしてカステラがしっとりしたところがおいしいです。グラスに盛り付けて、彩りのいいフルーツを飾るとおしゃれ。

文明堂のカステラ。関東地方ではコマーシャルが有名でしたね。3時のおやつは文明堂。あのねっとりした甘さが、いかにも和菓子みたいな洋菓子という感じ。シンガポールの学生は大好きだと言ってました。男の子も甘いものをばくばく食べます。

スタイルアップPANTS

ワコールやWingで出している「はいてあるけばシェイプされる」というパンツのモニターに応募したらあたってしまいました!シンガポールには送ってくれないだろうな、と思ったので日本の実家の住所を使い、届いたのをシンガポールに送ってもらいました。

おなかとヒップの二種類があります。私はおなかを希望。どのデザインが送られてくるかはおまかせ。で、送られてきたのはWingのスタイルアップPANTSでした。うれしかったのは2枚送られてきたこと!そうそう。洗濯したら毎日はいてられないもんねえ。一枚税込みで4515円です。自分じゃ買わない値段。。。

このパンツはただはいただけではだめで、その日に6000歩歩かなくてはいけません。6000歩って結構真剣に歩こうと思わないと歩けませんね。何しろアパートから大学にはシャトルが出てるし、ちょっと出かけるとなるとタクシーだし(すっかりずぼらになって電車とかバスとか使わなくなってるので。。。)、仕事といえばコンピュータの前に座ってるし。。。ちなみに大学の自分のオフィスまで歩いて往復すると約4000歩であることがわかりました(数えながら歩いた!)。シャトルバス使って通勤してたら一日トータルでも2000歩くらいしか歩かないんじゃないか知らん?これからは徒歩通勤を増やしたいと思います。ただオフィスに着いた時点で汗がだーっと出て、化粧崩れすることは間違いなし!しかしこのパンツは歩かないとまったく意味がないのでやるしかありません。

週に5日はいて、6000歩あるいて1ヶ月すれば効果が現れるそう。日常でたくさん歩く人にはまったく問題ないでしょう。

もちろん1日や2日で効果はわかりませんが、はいたところ、たしかに腰のひねりが大きくなる感じがする!なにか筋肉を使って歩いてるって感じがします。初日は4000歩しか歩かなかったので、効果は期待できなかったのに、脱いだあと軽?い筋肉痛のようなものを感じましたわ。これはもしかしたら続けていれば効果があるかも!?

それにしても女はシェイプアップとか、ダイエットとか、美肌とか、こういう言葉に弱いねえ。最近はデトックスという言葉がはやりですが、よく考えれば(よく考えなくても)ただ汗をかくことですよ。それをデトックスというだけで、何かこう体が浄化されるような、ついでにストレスも解消され、美肌も手に入るような錯覚におちいるから言葉って危険。

でもせっかくあたったんだからはかなくちゃ!今日はこのパンツはいて買い物に行くわよ!お腹を引き締めて歩くわよ!

記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ